© anchor グラフィックデザイン事務所 All rights reserved.

MacBook ProでDTP

MacBook Proを使い始めて早2年になる。

ちょっと前までDTPの現場では、デスクトップ型のMacでないと

仕事に鳴らないと思っていたけど、このノートブックはとてもパワフルだ。

少なくとも、自分がこれまで使用したiMacやPowerMacと比べても

最も処理が速く、安定感も抜群だ。

その上、外に持ち出せる。

仕事とプライベートの垣根がない、フリーのデザイナーにとって

これほど使い勝手の良い道具はないと思う。

ただし問題もある。

デザインの仕事において、画面の大きさはとても重要で、

大きければ大きいほど効率よく、短時間で仕事が出来る。

自宅では外付けのモニタを使えるが、

外では15インチスクリーンでやるしかない。

17インチのMBPをまた作って欲しい。

関連記事

MacBook Air 11′を使ってみて

今更ですがMBA11インチを約3ヶ月使ったので、 その使用感などを自分なりにまとめておこうと思います。 以前紹介した通り(いろい…

グラフィックアート 白嶽

私の大好きな山「白嶽」 これはインフォグラフィックとは言えないかもしれないけど、 美しい自然のフォルムをポッ…

IKEAでノマド

最近IKEAにくることが多い。 家から往復22kmの距離なので自転車で行くとトレーニングにちょうど良い距離だということもあるけど、 …

魂を失わずに・・・

魂を失わずにグラフィックデザイナーになる本 いろんな意味で魂を失っていた自分にとって、 大変癒された、いや、刺激を受けた一冊です。 …

コワーキングスペースで

久しぶりにコワーキングスペースを利用した。 お邪魔したのは近所にある「SHI TSU RAI」。 自宅では自由に仕事が出来るが、…

ページ上部へ戻る