© anchor グラフィックデザイン事務所 All rights reserved.

魂を失わずに・・・

魂を失わずにグラフィックデザイナーになる本

いろんな意味で魂を失っていた自分にとって、
大変癒された、いや、刺激を受けた一冊です。
先日のエントリーで紹介したダイレクトメールを
作ることや、営業で持ち歩いたポートフォリオ制作にも
非常に役に立ちました。

著者エイドリアン・ショーネシーは英国人のようだが、
彼がこの本で指摘していることや、経験などは
ここ日本でも全く同じように役に立つようです。

デザイナーを夢見る学生さんからもう魂を売ってしまった
ベテランデザイナーまで、みんな読むべし!
あ、俺は自分自身の道を突き進んでるぜー!っていう若者も
見といて損なしですよ。

関連記事

空いた時間にポタリング

これ、愛車のBRUNO 20′ROAD MINIVELOです。 仕事が一段落したので、 また懲りずにIKEAまでポタってました。 …

美しいデザインは良いデザインか?

思ったことを忘れないように、備忘録を残しておこうと思う。 デザインは、設計であり、機能であると言える。美しいことや格好良いこと、可愛い…

印刷工場ピクニック

活版印刷やバーコ印刷の工場見学に行ってきました。 初めて見るHEIDENBERGの印刷機は、無骨で格好良かった。 &n…

MacBook ProでDTP

MacBook Proを使い始めて早2年になる。 ちょっと前までDTPの現場では、デスクトップ型のMacでないと 仕事に鳴らない…

グラフィックアート 白嶽

私の大好きな山「白嶽」 これはインフォグラフィックとは言えないかもしれないけど、 美しい自然のフォルムをポッ…

ページ上部へ戻る