© anchor グラフィックデザイン事務所 All rights reserved.

魂を失わずに・・・

魂を失わずにグラフィックデザイナーになる本

いろんな意味で魂を失っていた自分にとって、
大変癒された、いや、刺激を受けた一冊です。
先日のエントリーで紹介したダイレクトメールを
作ることや、営業で持ち歩いたポートフォリオ制作にも
非常に役に立ちました。

著者エイドリアン・ショーネシーは英国人のようだが、
彼がこの本で指摘していることや、経験などは
ここ日本でも全く同じように役に立つようです。

デザイナーを夢見る学生さんからもう魂を売ってしまった
ベテランデザイナーまで、みんな読むべし!
あ、俺は自分自身の道を突き進んでるぜー!っていう若者も
見といて損なしですよ。

関連記事

SCHOOL OF GRAPHIC DESIGN

ちょっと立ち読みして、読んでおかないと気が済まないと思って購入。 グラフィックデザイナー4人による対談本で、同業者としては とっても…

美しいデザインは良いデザインか?

思ったことを忘れないように、備忘録を残しておこうと思う。 デザインは、設計であり、機能であると言える。美しいことや格好良いこと、可愛い…

クリエイターの渡世術

いろんなかっこいい方がいるんだなーって本。 素敵なデザイナーさんを見ると嬉しくなってくる 反面、自分がみすぼらしく見えてしまうちっさい僕…

モレスキン用カレンダー2017完成!

愛用していたモレスキンノートブックラージサイズの カレンダー2017を自作した。 こんなデザイン↓ 2017年は祝…

ウェブサイト復活

このサイトはワードプレスで組まれています。 先日サーバの別フォルダに試験用サイトを開設するつもりが、 このサイトのフォルダへ新規…

ページ上部へ戻る